日焼け止めをしないとどうなる?

日焼け止めは必要か?

  • 女性を中心に美白ブームによって日焼け止めを活用する人が増え、さらに育児にかかわる世代では、紫外線の健康被害から子供を守るために子供に日焼け止めを塗るといった行動がみられるようになっています。昔では考えられないくらい、日焼け止めを使う人が増えていますが、そもそも日焼け止めはここまでしっかりと行わなければならないのでしょうか?

    日焼け止めは紫外線から体を守るためのものですが、そもそも紫外線がどのような物なのかということについてしっかりと理解しているのか?と問われると、紫外線によって日焼けをすることや、なんとなく身体に悪いと言われていることだけしか知らないという人も多いのではないでしょうか。

    そこで、まずは紫外線とはいったいどのような物なのかという点について調べてました。紫外線には大きく3つの種類に分けることが出来、そのうち2種類の紫外線が体に影響を与えるということが分かっています。どちらも肌の色を黒くする作用がありますが、紫外線の害というのは肌色を左右するだけではなく、光老化を起こさせるといった作用も起こすことが分かっています。
    光老化は肌のハリや弾力を低下させるだけではなく、皮膚がんなどの健康被害をもたらす危険性もあります。これらを防ぐためにはやはり日焼け止めを利用することはおすすめです。ただ、強い日焼け止めを塗ればよいというわけではなく、シーンに応じた使い分けも必要です。肌に負担をかけにくい日焼け止めの選び方なども紹介します。


    【 ピックアップサイト〜日焼け止め選び〜 】
    肌に負担をかけない紫外線対策の一つとして、日焼け止めサプリがあります。直接肌に塗るタイプではなく、サプリとして飲むタイプなので、肌への負担はほぼありません。日焼け止めサプリについて詳しく書かれているサイトがありますので、ぜひご参考下さい →→ 日焼け止めサプリ