日焼け止めをしないとどうなる?

紫外線とは何か

  • 日焼け止めをする目的は、紫外線からの健康被害を予防するためです。ではその紫外線は、なぜ健康被害をもたらすのでしょうか?そもそも紫外線とはどのような物なのでしょうか?まずは紫外線というものについて調べてみました。

    紫外線は太陽から降り注ぐ光の一種で、目には見えない光です。紫外線には大きく分けるとA波、B波、C波という3種類に分けることが出来ますが、このうちC波は地球のオゾン層で吸収されてしまうために地上にいる人には影響を与えませんが、B波とA波は地表にまで届きます。ですが、以前はC波は地上に届かないとされてきましたが、オゾン層の破壊などにより、C波もごく少ない量ではありますが、届いているという懸念もあります。

    B波は一部がオゾン層を通過し、地表に届きますが、ガラスなどを通過することはできません。屋外にいると表皮を通過することが出来ますが、真皮にまでは届きません。一方でA波はガラスなども通過し、皮膚の表皮の部分も通過して真皮にまで影響を与えてしまう紫外線です。
    日焼け止めでよく見かけるSPFやPAといった記号は、このA波やB波を遮る能力のことで、SPFは主に紫外線B波を遮るもので数字で表され、PAは紫外線A波を遮るもので、+の数で表されます。