日焼け止めをしないとどうなる?

紫外線による影響

  • 紫外線がどのように肌を通過するかを説明しましたが、それぞれの紫外線がどのように体に影響を与えるのかを次に説明していきます。紫外線A波とB波、それぞれについて説明していきます。

    紫外線B波はまず肌の表面に炎症を与え、表皮を通過し真皮の手前まで到達します。その間にあるメラノサイトという細胞を活性化させて細胞内にメラニン色素を発生させます。この紫外線B波がメラノサイトを活性化してしまうことで、シミやそばかすの原因となる色素沈着を引き起こすことになります。

    紫外線A波は皮膚の表皮を通過し、さらに真皮にまで到達します。肌の奥まで到達するために、肌に蓄積して光老化という現象を引き起こす原因となります。光老化は真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった肌弾力を生む成分を破壊してしまうことで、肌をたるませ、弾力はハリを失わせます。活性酸素を生み出し、DNAを傷つけたり、免疫機能を低下させるといった害も起こし、皮膚がんの原因ともなります。紫外線A波は、表皮にある肌細胞の中にあるメラニン色素を酸化させることで、肌を黒く変色させるという影響も与えます。目に紫外線A波が入ると、角膜炎や白内障などを引き起こしてしまう原因の一つになっています。